マメ女子発情抑制その1 発情行動まとめと原因

今朝のこま重30.4g
夕方のこま重32.3g


年明けには朝31g夜33gだった体重も、
数日で朝30g夜32gになりました。

良い良い。
たった1gでも大きな差です。
恥骨も閉まってきて、良い感じ。


にんじんおいしい。


さて、今回いっとは「発情?」と感じたのですが、
傍から見ると実際はそこまで変化はなかったように思います。
今回も「なんとなく違う?」というレベルでしたが、
早く気づいて対策するにこしたことはありません。


インコのメスの発情行動について、調べると

・体重が増える
・特徴的な鳴き方をする
・交尾体勢をとる
・瞳孔が収縮する
・紙などを齧って巣材にしようとする
・総排泄腔が広がる
・溜めフンをする
・暗い、もしくは狭い場所に潜りたがる
・攻撃的になる
・においが変わる
・恥骨が開く
・お腹がぽっこりする


などなど・・・もう少しあったかな。
色々ありますが、これら全てが当てはまるわけではなさそうです。
ネットで見る限りはセキセイインコに関する記述が多く、
マメルリハに限定したものはほとんど見られません。

上記で、こまに当てはまったのは
・体重が増える
・攻撃的になる(?)
・恥骨が開く
・お腹がぽっこりする(?)


でした。
そのうち、「恥骨が開く」以外は決定打ではありません。
微増、程度です。
(?)は、もしかしたらそうかも、という具合。

※恥骨が開いている状態とは
良い図が見つからず、雑誌から引用しております。

小嶋篤史「タマゴ詰まりのお勉強 その1」
コンパニオンバードNo.20 111p 2014



しかし、いっとが「発情?」と考えたのには、もう少し理由があります。

また後でまとめるつもりですが、
インコの発情抑制の手段として、
「日照時間の短縮」
が挙げられます。
つまり、明るい時間を減らす、ということですね。

このお正月の期間、いつもと違うことがあったので、
この「日照時間」が増えてしまったのが発情につながったのではないかと考えるのです。

そう。
お正月。
一般企業は連休連休!

なつきの連休である。
9連休!(いっとはもちもちのため3連休)

この間、なつきはほとんど家にいたのではないでしょうか。
なので、普段は日没と共に暗くなるはずの部屋が、
全く暗くなりません。

インコが発情する、ということは、
「そこが快適である」ということです。
なつきがお休みの間は、
明るいし、なつきもいて寂しくないし、普段より遊んでもらえるし、
部屋の温度も人間がいるからいつもより暖かい。
こまにとっては快適だったのでしょう。

快適に思ってくれるなら、それはそれで嬉しいのですが、
発情してしまってはそうもいきませんね。


あと、あやしいのが「クネクネ」です。
マメルリハ独特の求愛行動、クネクネダンス。
オスがやるものだと思っていたのですが、
こまも今までに数回やったことがありました。

それが、このところものすごく頻度が上がっております。
夜ご飯を必死に食べ、
食べ終わりかけの粉々になったペレットをすくうようにして食べる段階になると
クネクネクネクネするのです!
しかも何回も!!
今日は見ている限りで6回はしました。

これが、ただの「嬉しい」表現だったら良いのですが・・・
一体なんでこんなにクネクネクネクネするのか分からないのです。
オスだと求愛の可能性がありますが、こまはメスですよ。
しかも、ご飯終わりかけで連発、わけが分からない。
うーん、あやしい。




長くなってしまったので、対策については次回。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
プロフィール

いっと

Author:いっと
いっとです。

神戸県出身晴れの国在住。
しかし晴れの国言葉はほとんど喋らない。

ファーストインコ、マメルリハのこま、
夫のなつき、娘のとこ(2015年生まれ)と暮らしています。

仕事に復帰して、バタバタしています。更新頻度ガタ落ちです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
検索フォーム
みんなまめなかま!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
いつもありがとうございます!