ひまっこま

今朝のこま重32.3g



雨でルタ(妹)が来る予定がキャンセルになり、洗濯物と戦ういっとです。
雨が続くっぽいので、洗濯物を溜めるわけにもいかず、扇風機2台と除湿機を回しております。
エアコンの除湿は、寒くなるので使用禁止。
何より、いっとが低気圧にやられてすでにしんどい。

あ、ブログの更新は気晴らしです。



こまは暇そうです。
あんまり相手をしてあげられないですし、雨でどんよりしてますしね。
昨日までなつきがいたから、余計に寂しいのかも。


でも、カメラ(スマホ)をかまえると、急いで監視モードになります。
さすが優秀な監視員。

今のところ、放鳥は1日4回くらい。
1回の放鳥時間はすごく短いですが、
とこが寝ていて時間がとれるときは長めにカキカキタイムをとっております。




今日のフォージングは


色紙でしてみました。
STマーク(玩具安全マーク)付きの折り紙を切ったものです。
最初は少し驚いていましたが、中にペレットがあることを見せたらすぐに覚えたみたい。


赤いのゲット。





にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

誕生日プレゼントは今

今朝のこま重32.1g
夕方のこま重32.6g


去年のこまバースデーにプレゼントとして買ったものたち。
それが今どうなっているかをお知らせしようと思います。

あ、上のはこの記事には関係ないですが、乗りましたよ、という写真。
ピンボケですが。





・ブランコ


日替わりおもちゃローテーションの一員として頑張っています。
しかしこの頃は備長炭ブランコに慣れてもらうため、他のブランコさんはお休みしていました。
どうやら飽きてきたようなので、久々に出勤。
でも今日は乗ってくれなかった。


・別荘


病院などの移動に数回使いました。
日向ぼっこにもたまに使っておりましたが、
このところ使用せずにこまから見えないところにあったためか、
なかなか入ってくれなくなっちゃいました。
今、見えるところにおいて再度慣らし中。
思い出してきたみたい。
小さいキャリーはどや顔で入ってくれます。




・かじりーず


ほとんど中には入らず、上部ばかりかじってこんなことに!
崩壊寸前。


最近はすき間に紙で包んだごはんを差し込んでフォージング中。



・コルク


あとはこれだけ。
50個、ほぼなくなりました!
よくかじったものだ。
1年持ちませんでした。
次は100個かな。フライングで注文しちゃおうかな。


少し溜めていたこまがかじったコルク片は、大きなものをご飯入れにいれてフォージングに利用しています。



とまあ、こんなところかな。
たくさん遊んでくれて何より。





ただいま生後3ヶ月のとこちゃん。
笑うようになってきたのですが、
ご機嫌タイムに話しかける→笑ってしゃっくりを始める→吐く
というコンボをかますようになりました。

今日も、だっこして「ぴっぴ、ぴっぴ」と話しかけると、
にっこにこでしゃっくりし始めました。
なかなか止まらなくて困ります。


こまへの対応とそう変わらない。
ぴっぴ! ぴっぴ!




にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


鳥雑談その2

今朝のこま重32.2g


鳥とかマメとかについて、色々。





・ビンゴ

ブログ村の、マメカテトップの、メンバーさんのプロフィール写真が載っているところあるじゃないですか。

そう、9分割してあるところです。
ランダムで表示されるんですかね。

特に意味もないのですが、
あれで「緑マメビンゴ」をするのが好きです。


タテ、ヨコ、ナナメのどこかで緑マメちゃんが揃ったらビンゴ。
複数色マメでも、緑マメがいれば可。
揃うと一瞬良い気分になります。

青マメちゃんだとすぐ揃います。
人気ですね、さすが幸せの青い鳥。


緑マメ、今日揃ったんですよ。
わーい。




・頭カキ

カカカカカッってする、あれ。
「直接頭カキ」と「間接頭カキ」があるの、ご存知ですか?


山渓カラー名鑑 日本の野鳥 565p
↑いっと愛用の分厚い野鳥図鑑
写真が大きくてステキです。


こまは「間接頭カキ」です。
いっとは両方知ってはいたものの、
普段見ていた野鳥は直接頭カキが多かったもので、
こまを見て初めて間接頭カキとはこういうものか、と思いました。

なつきに説明するのに実演してみようとしましたが、
いっとは体がかたいので、足が頭に届きませんでした。

同じマメでも、違うのかしら。
みなさんのお宅のマメちゃんは、どちらの頭カキですか?



・らくがきと鳥コーナー

うちの冷蔵庫に貼っているホワイトボード小は、
買い物担当のなつき用に買い物メモとなっております(書いて写メっていきます)。


そこにいっとがらくがき。


ホワイトボード大は、いっとのやることリストと


でっかいこま。
あんまり似てない。


さらにその横は鳥コーナー。





そうだ、こま、備長炭のブランコ乗ってくれました。
また写真載せますねー。

にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


大好き大好きん

今朝のこま重32.6g
夕方のこま重33.4g



これこれ。
ちょっとレビューっぽく書こうと思って写真も撮っていたのに、書いてなかった。


小鳥さん用サプリ、「大好きん」です。「アリメペット」という製品のシリーズみたいです。
生産者は日本生菌研究所、20年以上のロングセラー商品とのこと。
もう今はあまり見られなくなったフィルムケース状容器に入っています。
(箱のものもありました。詰め替え、というわけではなさそうですが)


中身はやや緑っぽい顆粒ですね。
原材料は

澱粉、コーンスターチ、脱脂粉乳、ショ糖、大根菜、オリゴ糖、乳酸菌(フェカリス菌)

と、シンプルです。
やや緑なのは大根菜の色でしょう。
ショ糖、オリゴ糖が入っているからか、ほんのり甘いです。
顆粒なのでサクサクしています。
うん、おいしい。食いつくはずだ。


こまも大好きで、容器を見ると飛び掛ってきます。
ペレットに少量混ぜていますが、そのまま食べるのも大好きです。


容器も好きだよ。振り回せるからね!

ああ、激しすぎて容器が消えている!


今度はこまが消えている!


乳酸菌なので、フンがゆるい場合に使うとよろしいかと。
乳酸菌自体は摂り過ぎて害があるということはないそうです。
しかし、医学的根拠があるわけではないという情報もあります。
原材料の澱粉やショ糖などの炭水化物は、摂り過ぎるのは良くないものです。
逆に効き過ぎて、下痢などを見逃してしまうという恐れもあるそうです。
鳥さんによっては合う合わないもあるでしょうしね。

こまはほとんど毎日ごくごく少量を食べてもらっています。
最近は水分過多便もありますが、大体は良い感じのフンです。
これが原因で体調不良になったことはありません。
「いろんなものを少しずつ食べる」という意味で与えているのもあります。

こういうものは飼い主の判断によります。
メリットデメリットを考えた上で、最終的には自己責任、ということでよろしくお願いしますね。



箱のものがあったので、いっとはそれを買って詰め替えていましたが、
少し前になつきに買ってくるように頼んだら、
フィルムケースの新しいものを買ってきました。

なので古い容器は


こうなりました。





最後に、なつきの手でまったりするこま。
お盆休みはもう終わり!
明日からは2人の娘たちの相手、頑張らなきゃ!



にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


いただきもの♪

今朝のこま重32.4g


実は私も、よくコメントをくださるいちまるさんから、いただいたものがあるのです。


備長炭の枝炭!


それから


テーブルセンターと、


こま!!



きゃわゆいー!
きゃわゆいこまちゃんー!!

前科があるので、こまには見せません。


いちまるさん、わざわざ送っていただき本当にありがとうございました!



届いた当日、備長炭をこまに見せてみました。


おお、威嚇している。
そうか、こまの方が強いのか。


でもご飯があれば気になりません。



ビビッてはいますが、それほどでもないので、慣れてもらったら使いましょうか。



洗って乾かした備長炭。
3本いただいたので、そのうち1本をどうにか加工してみましたよ♪
(上の写真は加工していないものです)


とはいえ、硬いものですので、加工は難しそう。
しかし、「包丁の背で叩くと折れる」との情報を得たものですから、さっそく!


折れたー。
(ベランダ殺人事件か何か)
※良い子は軍手をしましょう! 炭のカドは鋭利です!

3回叩いて折れました。
本当はちょうど半分を狙っていたんだけど、まあいいか。
短い方はお水の浄化用にしようかな。

カドの尖ったところは、なつきのヤスリを勝手に使って削り、
粉落としのためにもう一度洗って乾燥させました。

そして、タコ糸で両端を結んで、福袋に入っていたパーツをつなげて


できたー。こまの気を引くためにベル付き。


もうつけてみた。


おもちゃいっぱいこまケージ。
ブランコは乗ってくれるかなあ?


なにっ?!
炭には乗らない方向で、だと?!


にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


くいしんぼうこまとの戦いその6 ~今こそフォージング 後編~

今朝のこま重32.2g


では後編です。



こまのご飯入れの一種、ココット。


そのココットにカップケーキ用の紙カップをかぶせたものがこれ。
輪ゴムで止めていますが、こまはこの輪ゴムが若干こわいので触りませんし、
とてもゆるいのでばちんと飛ぶこともございません。
ちょっと穴を開けておくのがポイント。
チラ見せしないと気づかないらしいです。


かじってます。
よしよし。


割と好評だったのがこれ。


市販のおもちゃの結び目に、
ペレットを小さく切ったトレーシングペーパーで包んだものを突っこみました。
結び目少し増やして、たくさんつけてみました。


おもちゃ単体だとあまり遊びませんでしたが、これだとすごく食いついてきました。
いいぞー、こま。


こればっかりだとすぐ飽きちゃうかもしれないので、簡易版(笑)
どんぐりの方が反応良かったけど、ちゃんと触っていたのでOK。


あ、ご飯入れにビーズを入れたフォージングですが、
小さいもので試した際に、ビーズをポイポイ投げられちゃいまして。


もうラストワン?!


投げたー!



ケージの底にかわいそうなビーズたちの姿が見える……。


今現在いっとは育休中でずっと家にいるため、こまのおもちゃはやりたい放題しております。
しかし、おもちゃは絡まったり挟んだりなどして怪我に繋がる可能性もありますので、設置には十分お気をつけくださいね。




この頃のこま写真がケージ内ばかりなのは、放鳥中にスマホを向けるとすぐに飛び乗ってくるため、写真が撮れないのが理由です。
スマホ好きすぎる。

ご機嫌でもスマホを向けるとしかめっ面になるとこちゃんと、足して2で割りたい。


にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

くいしんぼうこまとの戦いその6 ~今こそフォージング 前編~

今朝のこま重32.4g
夕方のこま重33.4g


毛引きの軽減や肥満の解消について、非常に役に立つことが書いてあるブログがありました。
横浜小鳥の病院併設ショップBirds' Grooming Shopさんのブログ「Birds' Grooming Diary」です。

しつけや遊びの工夫について、症例とともに色々書いてあり、
地方にいてここまで行けない私にとっても、たくさんヒントになることがありました。




やはり「フォージング」は大事ですね。
ということで、今日はこまにも色々と試してみました。


あ、先日のこれもなんです。
イマイチだったかな。




今日は早速こんなことを。
ご飯入れにたくさんの大きなビーズを入れて、食べにくくしました。

これはなかなか良いです。
食べるのに時間がかかるので。


最終的には何個か投げられていましたけどね。



それからこれ。
頑張って取り付けたのですが


すぽーんと取られてしまいました。


本鳥はぴょっぴょと嬉し鳴きをしていたので、一瞬でしたが良しとしましょうか。



そして改良型。
素材はトレーシングペーパー。


おお! いい感じ♪


と思いきや、ご飯入れごとぶっとばされました!
なんということだ。



落とされたけど、ここまでかじってくれたから良いかな。


長いので後編へ続く!


にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


冷房とこま重

昨日の朝のこま重32.6g
昨日の夕方のこま重33.9g
(記事は書いたもののアップできなかったので)


こま重の増加が止まらない。
とある理由でフォージング強化中ですし、
なつきもいていつもより暴れているのにこのこま重。
ペレットも3g、お野菜サラダもかぼちゃやとうもろこしなどの炭水化物はなし。
なのにこのこま重!!


で、予想したのですが、
水の飲みすぎなんじゃないかと。


こまのフンはこのところ水分過多便です。
しかしそれは午前中~昼過ぎまで。
夕方はいたって健康なころっとした普通便。


なぜでしょう!


一度病院へ行くべきでしょうか。
とっても元気なのですけれど。
今は暑くて移動で負担がかかる方が心配ですし、
行くならとこちゃんも連れて行かねばならないので、それは避けたいところなのですよね(´・-・`)
せめて首座ってからにしたい。

いっとの予想では、

冷房をつけていない午前中→水をたくさん飲む
冷房つけて涼しい午後→水飲まなくなる

結果、水太り?


でもインコでそんなことあるのかなー。




こまは特に暑がる様子も見せません。
31℃で高い湿度の中でも、もふっとぎょりぎょりしております。
逆に冷房で27℃まで室温が下がっても、元気に暴れまくっております。

冷房の風は当てていませんし、
何よりそれ以上室温は下げられません。


いっとがやられるのです、冷房で!


なんと、いっとの快適な冷房設定温度は「30度」です。
それより低いと寒いです。
なんでやねん。



しかし!
うちには3ヶ月児のとこちゃんがいます。
とこちゃんは「あついー!」と泣き出してしまいます。
30度設定の冷房だと、授乳中は汗びっしょり!
まだ寝返りもできませんし、体温高いし当然です。
どうやら彼女の快適な設定温度は28度。

こまはその温度ならどのあたりでも平気。


なんてことだ。
私はこまより冷房に気を遣わねばならぬのか!



結果、うちでは
午前11時→冷房29度(+扇風機でとこに対応)
午後3時前後→冷房30度(いっとが寒くなる)
午後8時→冷房28度(なつきの帰宅と就寝にそなえて)
午前3時前後→冷房切る(授乳のため起床ついでに)


となっております。

ちなみに室温は設定温度よりマイナス1℃前後です。


にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

毛かじりについて(長文です)

今朝のこま重32.3g


面倒になる前にまとめなきゃねー。
毛かじりについてです。

ちょうど、こまの抜けた羽があったので載せます。


こちら。
先がギザギザになってますでしょ。



ちなみに背景はこちら。



そしてこちらにも。

増えました。ルタ(妹)が買ってくれたのです。
白文鳥の餅具合がすばらしい。
餅だ。
マメバージョンが欲しいな、ないけど。
ビッグマメ!


話を戻しましょう。


問題の毛かじりですが、似たというか、ひどくなった症状に「毛引き」「自咬症」があります。
毛かじりはその通り、羽をかじってしまうこと。
毛引きは羽を抜いてしまうこと。毛かじりも含めて毛引き症とする場合もあります。
自咬症は皮膚まで傷つけてしまうことですね。
毛かじり→毛引き→自咬症と段階を踏んでひどくなる場合もあれば、
いきなり毛引きになったりもします。

その原因としては複雑で多様です。
症状もその子によって違います。
くちばしの届くところを全てむしってしまう子もいれば、
こまのように一部だけだったり、
表面上には見えない部分のみかじっていたりと様々です。
少しずつかじったりする場合も、
一晩で全身むしってしまうこともあります。

症状としては知っていたけれど、こりゃー難しいなあ。

ネットで色々見たことをまとめてみました。
いつもながら出展を明らかにしていなかったり、
主観的に書いてしまっている点がございます。
ご了承くださいませ。



毛引き、毛かじりの原因

1 生理的なもの

例えば抱卵。メスは卵を温めるために、お腹の毛を抜くことがあります。
もしくは異常な羽の除去。
羽に異物がついて羽繕いでは取れない場合、羽ごと除去してしまうことも。
発情も関係することがあるそうです。


2 精神的なもの

よく言われるのがこれ。ストレスや寂しさ。
他にも
・遊ぶ時間が少ない
・遊ぶものがない、もしくは遊びたいおもちゃじゃない
・日によって接し方が違う
・寝る時間が不規則
・家族構成が変わった(鳥、人に限らず)
・退屈
・飼い主の気を引く
・ケージの場所が変わるなどの環境の変化
などなど。



3 病的なもの

皮膚の炎症、アレルギー、神経炎、寄生虫など。
病院にて治療を優先するべし。



4 栄養不足・過多

ビタミンAの不足による皮膚の乾燥、カルシウム不足(なぜカルシウム不足でおこるのかは分からず)、
高カロリー食など。



5 その他

・癖、趣味、遊びの延長、愛情表現(他者に対する毛引き)
・羽繕いの加減(頻度、強さ)
・くちばしの伸び過ぎ
・低湿度による皮膚の乾燥
・ファッション的なこだわり



以上です。
他にもあれば教えてください。



こまの場合、前回の健康診断のときからすでに毛かじりはあったので、
病気などではないと思います。
発情のコントロールはできているし、食事も低脂肪ペレットです。
ペレットってカルシウムはどうなのかしら。
ビタミンAはにんじんもあるし、大丈夫でしょう。
種子食よりは栄養面の心配はいらないと思います。

となると、2の精神面か、もしくは5のその他、でしょうね。


いっとが思うに、確かに「退屈」はありそうです。
家族が増えたこと(とこちゃん)は、それ以前にも毛かじりがあったので関係は薄そう。
驚いたのは「遊びたいおもちゃじゃない」というもの。
まあ、そりゃそうだわな!
こまだってその日遊びたいおもちゃが違うことだってあるわな!
妙に納得。
あー、でもこりゃあ大変だ。
遊びたいおもちゃを見極めつつ、刺激を与えるために日替わりで……ってか。


あとは、羽繕いの加減。
こまの羽繕い、すごくワイルドなんですもの。
ばさっばさっ!もさもさもさ!ってしますよ。
ちょこちょこちみちみじゃないんですよ。
退屈だから羽繕いをしすぎているのかもしれません。



それから、思ったのが、
発情抑制していたら、多少仕方がないことなのかな、と。

発情抑制のためには環境ストレスが必要だったりもします。
でもこれが毛引きにつながることもあるのですね。
さじ加減が難しいところだ。

いっとは、羽をかじりまくってボロボロになったとしても、
発情して卵をつくって、内臓系のダメージを負う方が危険だと考えるので、
発情コントロールのために環境ストレスを与える方を選びます。

ということで、こまの羽はきれいにはならないかもしれませんが、
個性ということで受け止めております。
また次回の健康診断で先生に相談はしてみますけどね。

よく言われるように、
毛引きは必ずしも「飼い主が寂しがらせたからだ」というわけではありません。
インコやオウムに限らず、コンパニオンアニマルは飼い主さんの気持ちまで汲み取る力があります。
飼い主さんが申し訳なく思っていたら、その気持ちが伝わって不安にさせてしまうこともあります。
病気が原因ならともかくとして、命に別状がない毛引きはその子の個性、ファッションとして前向きにとらえることも大事です。




今回も長くなってしまいました。
お付き合いありがとうございました!


にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

藤は有害?!※追記あり

今朝のこま重32.9g
夕方のこま重33.2g



朝からぶたこま!
昼間相手にしていないとぶぅ(片足収納してふっくらぎょりぎょりねむねむ)していることが多いので、それが原因かしら。

あと、このところメロンや桃や、かぼちゃサービスがあったからかなあ。


なので今日はお仕事がんばってもらおうと、
残り少なくなったコルクを設置。


午前中でこんなにがんばりました!


でも昼にはもう「ぶぅ」である。





そうそう、先日の「藤の止まり木」ですが、
少々ショッキングなことが発覚しました。

どうやら、こま、この藤の止まり木
おいしく召し上がっていたようです。



放鳥中に、かじったら楽しいだろうと差し出していたところ、
最初こそバリバリかじっていたのですが、
ふと、床に降りて藤の樹皮(黒いところ)をくわえたかと思うと
ムシャムシャ食べ始めました。

ま、まさか食べているとは思わなかった……。

ネットでの検索で、インコに害のある木の欄に「藤」が入っているページがいくつか見られました。
「止まり木」として売っているものなので油断していましたが、
藤はインコに有害だそうです。
ただ、なぜ有害なのかが調べても分かりませんでした。
藤は豆科の植物。
豆苗は食べてもいいのになあ。

幸いこまは元気で、いつもと変わらない様子なので、病院での受診は考えていません。
藤の止まり木を設置しているときも、フンが少し黒っぽくなったくらいで、特に変わった様子は見られませんでした。
(すごくかじっているから、口に入っているのかな、と思っていました。食べているとまでは思いませんでしたが)
止まり木は、こまは気に入っていたけれどもう使えないな。
少しでも危険な可能性があるなら、排除すべきですものね。

ごめんね、こま。
いっとの勉強不足だった。
でも元気で、無事で良かった。ありがとう。





それと、ショッキングついでに。
前々からうすうす気づいてはいましたが、

こま、多分、自分の羽食べてるんじゃないかな(T-T)

背中~腰にかけて、羽をかじっていてボロボロなのですが、
そういえばかじった痕跡が落ちていないのです。

羽をかじる子はウロコちゃんに多いらしいですが、
そういう子のケージにはまつ毛のような細い羽が落ちているそうです。

こまのケージでそんなもの見たことがないです。
気づいてないだけかしら。
うーん、でも、この羽かじりはずいぶん前からだからなあ。
気づかないはずはない、と思う。



この件に関しては、また別記事でまとめようかと思います。

しかしこのはらぺこま……おそろしい子!


にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村

続きを読む»

プロフィール

いっと

Author:いっと
いっとです。

神戸県出身晴れの国在住。
しかし晴れの国言葉はほとんど喋らない。

ファーストインコ、マメルリハのこま、
夫のなつき、娘のとこ(2015年生まれ)と暮らしています。

仕事に復帰して、バタバタしています。更新頻度ガタ落ちです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
検索フォーム
みんなまめなかま!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
いつもありがとうございます!